自分を守る薬|通販でゲットしよう!自分と愛犬の身を守るための薬

自分を守る薬

手のひらの薬

愛犬の病気を心配しすぎるあまり、自分の身の安全を忘れてしまってはいけません。ペットがさまざまな病気にかかってしまうのと同じように、もちろん私たちも、21世紀の現在もさまざまな病気に悩まされています。たとえば性病などは、人と人とのふれあいによって感染する病気であるだけによけいに切なく、始末に負えない病気と言えるでしょう。特に淋病は、症状も重いし感染しやすいしということで、より気をつけるべき性病となっているのです。

淋病の感染経路は、性行為であるということになっています。具体的には性行為に伴う「粘膜接触」が原因になって起こります。性器の粘膜、また口の粘膜などに、性的接触をきっかけとして細菌がうつり、そのことが原因で淋病を患ってしまうという感じになっているのです。陰茎と膣が交わる行為だけにとどまらず、口唇を使ったオーラルセックスで感染してしまうこともあります。喉に淋菌が入り込み、淋病になってしまうこともあるというのです。
このようにさまざまな感染経路が考えられる病気なので、性行為を行う際、特に初めての異性と(同性でも感染の可能性はありますが)好意を行う際には予防に努めましょう。いちばん予防効果があるのは避妊具としても使われているコンドームです。男性器の粘膜をぴったり覆ってしまうコンドームさえあれば、膣への挿入が行われた際、男性が菌を持っている場合も女性が持っている場合も、それぞれに淋病の感染を防ぐことができるのです。